転職活動2017③

ある広告会社を辞め、転職活動をすることになる日記の 続き③

 

私、この会社に入るまで、営業というものはほとんど経験したことがなかったのですが、

①最近、人と話すのが好きな自分がいるから、営業が向いてるだろう。

広告業界って、やはりいいよね?

③仕事なんて、やってみれば、出来るだろうという根拠のない自信

そして、当時、転職活動が3か月を過ぎ、早く受かって妻を安心させたいという焦り。

からハローワークで見つけた求人に入社を決意してしまいました。

そして、こんな零細企業は2年でやめるつもり。との無謀な考えもありました。

俺は、文筆家になるからな。

文筆家だからな。

すぐに、デビューして、副業しながら文筆活動だもんな。

、、、、、

おい!

何にもしてないのに?

どうしたものでしょう?

この意味のない自信は?

なんにも考えていませんでした。いい歳して。

43歳の秋の出来事でした。

 

出勤初日。

会社案内では、社員が30人と書いてありましたが、そこには、社員が3人しかいませんでした。

社長と総務と50代の営業のおじさん。そして、私の4人です。

以前も書きましたが、50代のおじさん営業マンは、

大型の美容関係の広告で契約を取ってきたら50万円の出来高制。

その報酬を社長と25万ずつ折半するという、契約で、基本給は、5万。

既存のクライアント数社の毎月入る、50万円~70万くらいの売り上げは、全て会社の利益。給料には、反映されません。

そして、私にいい加減な引継ぎをするのです。

 

「おい!今日は、A社に挨拶いくぞ!」

「おい!今日は、B社に行く!」

と、言われ、ほいほいとついて行きますが、大した引き継ぎは、ありません。

ほんとに挨拶です。

新しく入ったこいつが、今度から担当しますんで、よろしくお願いします。

という引き継ぎです。丸投げです。

 

彼と同行すると、昼は必ず、牛丼。立ち食いそば。と、安めのものです。

なにせ、彼の給料は五万円だから。。

 

そんな昼食は、私にとってもありがたいものです。

彼は言います。

「こんな安い給料じゃーやってけねーだろ〜?」

その通りです。

その通りだけど、あんたは、自分で給料五万にしちゃってるけどね。

 

と、思いつつも、

そうっすねー!

と相槌を打ちます。

 

そして、彼も社長と同じように、昼の後は、珈琲屋に行って、タバコを吸います。

 

そもそも、給料が5万なのに、400円するんだよねタバコ。

250円もするんだよね珈琲。

そんなものを飲むこと自体、無駄な気もしますが。。

 

 

タバコの煙をくゆらせながら、彼は言います。「いいかー?営業は、テンションあげてくんだ。お前みたいな低いテンションじゃ、ダメだぞ。テンションは大事だぞ。わかったな。じゃあ、俺の教えることはもうない。

今日は直帰だ。社長には、挨拶が長引いたから、直帰します。って、電話しとけばいいよ。」といい、彼は帰って行きます。

 

微妙な時間です。

時計は4時5分前です。。。

就業時間に合わせ社長に電話しました。

 

こんなことで、営業ができるだろうか?

 

大きな疑問が湧き起こりました。

 

つづく。

 

 

 

転職活動2017の過去記事は、こちら。

よろしかったら、駄文ですが、見て頂ければ。。

 

yoshikiseven.hatenablog.

yoshikiseven.hatenablog.com

 

 

 

 

転職活動2017②

ある広告会社を辞め、転職活動をすることになる日記の 続きを書きたいと思います。 

 

私が入った広告会社は、

長年取引のある、既存のクライアントの広告を外注のデザイナーやコピーライターに依頼し、制作進行管理を行うことをメインとしておりました。

営業としての私の仕事は、既存のお客様の所に出向き、要望をヒアリングする仕事。

デザイナー、コピーライターを管理する仕事。

営業が手薄な出版社様に代わって、企業を周り、雑誌広告を取ってくるというものでした。 

私が、会社案内や面接で見たり、聞いたりしていた既存のクライアントは、大手20社ほどとのことでしたが、実際、毎月取引のあるクライアントは、大手3社、零細2社の5社しかありませんでした。

 

残りの15社は?残りの15社は?

 

 

実際の所、取引中止になっているわけではないのですが、隔月で依頼のあるクライアントだったり、予算の関係で、取引が一旦、中止になっているクライアントだったりしていました。いずれも大手ではなく、零細の会社でした。

 

なんだ!面接で話してたことは嘘だったのか?

と思ったところであとの祭り。。。

 

社長は、営業担当の私に言います。

「その、一旦、中止になっているお客のところに、お前が、毎週出向き、何か話を聞いて来い。なんでもいい。何かのきっかけで、仕事が舞い込むかもしれないだろ?」

「あとは、新規の営業へ行ってこい!とにかく何社でも回り、名刺を渡して来い!それが、相手の記憶に残り、依頼を受けるかもしれないだろ?」

 

 

「じゃあ、昼いく?」

 

意味わからねー。

いや、今、営業回れと言ったじゃないか?

矛盾してねー?

矛盾してねー?

 

イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ!

 

またもや、3人の昼飯。

B級グルメに付き合わされます。

今日は、とんかつのお店。

とんかつにトッピングで、唐揚げやら、マカロニやらが大量に付いてきます。

「こんなに食べたら、外回りがキツイ。」

なとど思いますが、一々反応すると面倒なので、無理やり食べます。

 

食事後は、また、珈琲屋です。

 

嫌いなタバコの煙を浴びせられながら、私に関する説教が始まります。 

「お前さー、俺が見てきた中で、五本の指に入るくらい、駄目駄目なやつ、だな!」

「お前の発言は、極めて、新入社員みたいだよな!」

「お前のその性格、嫁になんか、言われないの!」

 

 「お前、面接で、作家になりたいとか言ってなかった?あんな酷い文章の企画書作っといて、作家になりたいなんて、言うなよ!無理だ!絶対、無理!

 今度、あんな酷い文章の企画書を作って来たら、会社、辞めさせねー。辞めさせねーからな!」

 

辞めさせないって、なんだよ?

何で、そんなことを言われなきゃならないんだろう?

反論も出来ずに私は、逃げるように午後の新規開拓に出掛けるのでした。

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

息子が手足口病にかかってしまいました②

先週土曜日の夜に39度の熱を出し、手足口病と診断された息子のその後を書きたいと思います。

発症から4日目の記憶。

39度あった熱は、37度まで下がりました。

熱が下がると同時に、テンションが上がり、部屋の中を行ったり来たり行ったり来たり、ハイハイをして、大きな声を張り上げております。

とはいえ、病で心細いのか、私や妻に飛びついては甘えます。

ご飯は、水分多めのおかゆやかぼちゃなどを混ぜた離乳食もパクパク食べてくれます。

もちろん、ママの母乳も飲みます。

お尻や足の脛裏の湿疹は、だいぶ、落ち着いてきましたが、まだ、後は残ってます。

 

「でも、食欲もあるから大丈夫だね。」

 

 

なんて、妻と話をしていた時、テンションが上がった息子が、口を大きく開けて、妻に飛びついてきたので、仰向けになった彼の口の中を見てみます。

!!!!!

 

口の中には、4つの口内炎が、痛々しく点在しておりました。 

 

「この状態で、頑張ってご飯を食べてたんだ。」

「大人でも、これは、痛くて食べられないよね。」

 

病を治そうと闘っている息子の強さに感服です。

 

頑張った、息子。

 

 

泣けてきました。

いや、こっそり泣きました。

 

そして、5日目、6日目、7日目と状態は、特に急変することもなく、

今日で8日目。

6日目あたりから、ご飯を食べる量も以前のように増えてきて、

元気を取り戻しました。

つかまり立ちをして、屈伸をしながら、片手をあげ、意味不明な

「あー、あー、あー、あー、あー!」

という掛け声をするまでにテンションは上がってます。

何はともあれ、元気になってよかった。

 

よだれなのか、痰なのか分からない液体も5日目くらいから、出なくなりました。

緊急病院で、処方された、痰の薬は飲ませず、

近所でいつも診せている小児科医院でもらった痰の薬を飲ませたからでしょうか?

解熱剤は、飲ませずに様子を見たら、自然に熱は下がりました。

お尻や足の脛裏辺りに出来ていた大きな発疹も小さくなっておりました。

 

ここ3日ばかり、夜中にふと、目が覚めると、私の横にくっついて寝ている息子。

そのぬくもりを感じながら、しみじみと幸せをかみしめている自分がいるのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

息子が、手足口病にかかってしまいました。

私の息子、生後10カ月が、3日前、手足口病に掛かってしまいました😱

 

土曜日の夕方まで、元気にしていたのですが、夜に39度の熱が出て、急いで、妻と緊急病院へ。

 

親の焦りとは、反対に、お医者さんは、冷静に言います。

 

手足口病ですね。ほら、手や足にちょっと発疹ができてるでしょ?

明日あたりから、この手や足の発疹が大きくなると思いますよ。」

「口の中にもねー、口内炎が出来るから、食べられなくなるんで、痩せちゃうかもしれないね。

「食べられない代わりに、こまめに水分補給してあげて下さい。」

 「これ、治す薬ないんで、自然治癒しかないですね。」

 そして、

ぐったりして、熱下がらなかったら解熱剤。

痰が絡んだら、痰のお薬。

を飲むように言われました。

 

淡々と、安心させてくれる言葉もなしに話す医者に、何だか、憤りを覚えつつ、家に帰りました。

 

息子にご飯をあげても喉が痛いようで食べられない。水もあまり飲めない。

困った、弱った、どうしよう?

 

 最終手段、妻の母乳です。

 

母乳はどうか?

 

息子は、普通に飲んでくれました。

母乳は喉の通りが良いのでしょうか?

 

ひとまず安心です。

 

翌朝、熱が、38度を計測するものの、夕方には37度に下がりました。

息子は、インパクト大の病名とは裏腹に、いつも通り、つかまり立ちをしたり、高速でハイハイしたり、私や妻に抱きついて来たり、元気そのものです。

ただ、動いている最中に、口からでろ~っと、

痰なのか、よだれなのか分からない液体が出てくるのが、気になります。

これは、なんなんでしょうか?

可愛そうなので、何度もタオルで拭きますが、何度も何度も出てきます。

私達夫婦は、「痰なのではなかろうか?」

と、判断し、痰のお薬を飲ませることにしました。

 

食事はどうか?

 

固形の離乳食は食べられませんが、喉の通りを良くするために、水分多めのおかゆにしたら、痛みはあるようですが、頑張って、食べてくれてます。

(けなげな姿に泣きそうです。)

水も、赤ちゃん用のベビーストローマグで、少しずつ、頑張って、喉に流し込んでいます。

 そして、妻の母乳。

【ベビーストローマグイメージ】

↓↓↓

 

頑張れ息子!

 

 

そして、3日目の今日。

相変わらず、熱は、38度と37度を行ったり来たりですが、

息子は元気にはしゃぎ回っています。

じめじめとした天気で、汗もかなりかいていたので、

熱が37度に下がった時点で、シャワーを浴びさせてあげました。

さっぱりとした顔で嬉しそうにする息子に一安心しましたが、

お尻や足の脛裏辺りの発疹が大きくなっていて、かわいそうでした。

順調に回復に向かっているのか、心配です。

頑張れ息子!

 

  しかし、今年は、手足口病が大流行だったのですね。

7月の中旬位に大流行の警報が出ていましたが、まだ、収束していないのでしょうか?

8月なので、もう大丈夫かと思っていたのですが。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転職活動日記2017

私、45歳です。

先月、誕生日を迎え、45歳になりました。

その私、育休中の妻や生まれて4か月の子供がいるにも関わらず、

今年の1月にある会社を退職してしまいました。

やっては、いけないことです。

やってはいけないことではあるのですが、そうしないと、心が壊れそうな気がしてならなかったのです。

(妻よ子よ、すみません。本当にすみませんでした、)

その退職からの紆余曲折を日記にしたいと思います。

 

営業職でした。

たった、3人の広告会社。

金になる話なら何でも飛びつき、ヴィジョンを持たない社長と

権力に弱く、弱いものには、ひたすら大きな態度を取るイエスマンの総務。

そして、私。

 

社長と総務と平社員の会社です。

平社員は、私のみ。

社長と総務は、気心しれまくっているので、余計な話は出来ません。

愚痴を言いたくても言えずに、1人溜め込んで行きます。

 

イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、

 

唯一、心休まるのは、1人になれる外回りの飛び込み営業の時だけです。

今日は何件周ったかと、翌日に報告すれば、

いいので、外に出れば、あとは直帰してもかまいません。

 

兎に角、早い所、外に出かけて、この事務所から出て行きたい。

そんなことばかり、考えていました。

 

会社で一日中、内勤作業の時は苦痛です。

お昼は、社長の一声で、必ず、3人でお昼に行かなければならないから。。

 

その一言は、突然のタイミングで来ます。

「昼、行くーーーー?」

私は、この軽い口調の誘いが嫌で嫌で仕方ありませんでした。

 

 

食べるところといえば、油分の多い揚げ物や量の多いスパゲティなどのB級グルメばかり。。

そんな昼ばかり食べているせいか、社長と総務の人間は、不健康そうに、ぶくぶく太っています。

社長「スパゲティ、今日はLサイズいっとくー?」

総務「いや、社長、俺は、LLサイズで行きますよ!」

社長「いやー、チャレンジャーだねー?

おい、お前もLLいっとくー?」

社長と総務「ガハハハハ!」

 

私の心の声が叫びます。

(うるせー!このデブヤローー!)

 

Mを注文して、せめてもの抵抗をします。

社長「おい!お前弱っちーなー!それしか食えねーのかー?」

 

強制的に食べたくないものを食べに連れて行かれ、量も強要され、しかも、自腹。

 

給料が安いから節約したいのに、食べる店は千円近い食事ばかり。

本来は昼休憩なのに、ストレスばかりが溜まります。

 

イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、

 

昼を食べた後は、必ず喫茶店で珈琲を飲みに行きます。

もちろん、自腹。

社長と総務は、煙草を吸います。

私は、煙草を吸いませんので、煙草の煙が嫌なのですが、強制的に喫煙席です。

はじめは煙草の煙がきついと訴えていたのですが、聞き入れられないので、諦めました。

 

周りの煙も酷いので頭と肺が痛くなります。

これ、イジメです。

 

イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、イラ、

 

喫茶店で社長は、言います。

「ずーっと、社長の俺様の給料が出ない状態が続いているんだよねー、

この会社は、お前の営業成績にかかっているんだからな!

だから、新規を取って、もっと稼げ!」

と、理不尽な要求を突き付けてきます。

総務は、いいます。

「そうだよー。営業は、取って来てなんぼなんだからさー。」

 

お前が営業行ってこい!

 

給料は、大学初任給にも満たないのに?

定期代も出さないのに?

残業代も出ないのに?

社会保険に加入してくれないのに?

 

 全ては、お前の稼ぎ次第だ、というのか?

 

いうのかよーーー?

 

私に引き継ぎをしてくれた、前任の営業の人は、そんな環境だったせいか、

モチベーションも低く、月の売り上げも、既存のクライアント数社の毎月入る仕事を細々と続け、合計して50万円~70万くらいの売り上げしか稼いでおりませんでした。

その人は、私に自慢げに言います。

俺は、世の五十代サラリーマンの中で一番月収が低い五十だぜ!

と、

 その人、大型の美容関係の広告で契約を取ってきたら50万円の出来高制。

その報酬を社長と25万ずつ折半するという、わけのわからない契約を交わしたらしく、

基本給は、5万。

保険やらを自分で払うと、手元に残る金は、1万円にも満たないようです。

高校受験の子供がいるというのに。。。

 

その人は、言います。

俺はギャンブラーだから、

追い詰められないと仕事しないんだよ。

お前はお前で頑張れ。

 

阿保です。この人、阿保です。

 

結局、この人、大型の契約を取ることもなく、

私にいい加減な引き継ぎをして、辞めて行きました。

今頃、あの人はどうしているのだろう?

 

 取り敢えずは、目標を持ちました。

前任者が、50~70万だった月の売り上げを120万にしてから、この会社を辞めてやる!

それが、私のモチベーションでした。

 

つづく

 

 

 

横浜とベビーカー

以前、ベビーカーを使う者として、駅構内のエレベーターが少なくて困る。

というような内容で、書きましたが、その第2弾となります。

横浜駅です。

ナウい若者や奥様方、セレブなお年寄り、家族連れでにぎわう、人口密度が高い街、横浜。

東京とは違う、個性のある街、横浜。

崎陽軒シウマイ弁当を2つ食べたくなってしまう街、横浜。

 私、横浜は東横線で利用するのですが、なんとも降りる方々が多い事。多い事。

エスカレーターは、通常のスピードより早く、ボヤボヤしていたら、置いてけぼりをくらってしまいます。

そんな中、エレベーターの時間は、ゆったり流れています。

待ち時間が長いのです。

何故か?

駅構内に、エレベーターが1台しかないからです。(間違ってたらすいません。)

 

妻とベビーカーで、エレベーターを待つこと数分。

同じくベビーカーでエレベーター待ちのご家族が5組ほど、その歩みの遅いエレベーター前で待ちぼうけです。

 しかし、単純にベビーカー待ちの方々が5組というわけではありません。

隠れキャラのように、この人達も、エレベーター待ち?という方々がいます。

これから、旅行なのか、大きなキャリーバックを引いて、エレベーターを待つ方。

ゲームをやりながら、周りも見ず、空気も読まずに待っている、オタクさん。

何をしても楽しいであろう、極めて元気そうな高校生たち。

エスカレーターでよくねー?よくね?よくね?ねー?ねー?

ねー?

 

 と、心の中で叫んでいる私がそこにはいます。)

 

つい、妻に愚痴ってしまいました。

横浜駅なのに、エレベーター、1台って!20台必要だよ!横浜市長選があったら、俺は、横浜駅のエレベーターの数を増やす候補に投票するね。」

と。

すると、後ろの方で、同じくベビーカーで待っている奥様が、旦那さんに言ってました。

「ほんとよねー!ほんとにエレベーター増やしてもらいたい!」

え?

初め、耳を疑いましたが、奥様は、私の発言に共感して、同意してくれたようです。

 

すると、私の前のベビーカーの奥様達も、

「ほんと!ほんと!暑いのにこんなにまたされて嫌になっちゃうわ。なんで、こんなにエレベーター少ないんだろ?」

「ねー?」

 

私の発言が、この小さな空間で、波紋となって広がっています。

 

何ともなしに発言した言葉が、このように共感を得ると、急に恥ずかしくなってしまいましたが、私の言ったことは、奥様方には共感を得たようです。

私、今まで無職だった、単なるおじさんですが、市民権を得たような気がした1日でした。

 

 

 

 

  

高田の馬場

先日、夜10時頃、私の住む町の駅での話です。

た・か・た・の・ば・ば!

どこからか、聞こえてきます。

た・か・た・の・ば・ば!

幻聴でしょうか?

た・か・た・の・ば・ば!

確かに聞こえてきます。

 

声が、近づいてきました。

 

た・か・た・の・ば・ば!

た・か・た・の・ば・ば!

 

 うるせー!(心の声です。これ。)

 

大学生三人組。

1人が、

た・か・た・の、というと

 

それに合わせて、

2人が、

ば・ば!

と叫びます。

 

こうしている内にも、彼等は、続けます。

 

た・か・た・の、

ば・ば!

た・か・た・の、

ば・ば!

 

「うるせっ!」て。

 

何度、心の中で呟いたでしょうか、私。

 

彼等、改札を通過すると同時に、渾身の力を込めて、

た・か・た・の・ば・ば!

といい、消えて行きました。

 

大学生の間で流行ってるんでしょうか?これ?

 

あれ?

このリズム、

このリズム、

は・か・た・の・し・お!

じゃないですか!

伯方の塩 1kg

 

おかげで、その日の夜は、夢の中でもうなされました。

 

た・か・た・の・ば・ば!

 

「うるせー!」