カバオ君は好きかい?

私は子供が生まれるまで、アンパンマンを見たことがなかった。

しかし、子供が生まれてアンパンマンをよく見ている。

私が感じたアンパンマンのいいところは、完全に悪者がいないという所だ。

毎回、敵役はバイキンマンなのだが、悪にはなりきれない。

彼が悪さをする動機は、お腹が空いたからということと、ドキンちゃんに命令されての行動が殆どとなる。

純粋なキャラクターのオクラちゃんが出てくると、悪さをする気が削がれてしまうし、フランケンロボに出会うといつもの勢いがなくなってしまう。

と、バイキンマンの話を書いてしまったが、私と息子が大好きなキャラはカバオくんである。

このカバオくん、一言で言うと食いしん坊。

その一言一言が面白い。

みんなでサッカーをやり、キーパーのカバオくん。

ボールをキャッチして、その場で倒れこむ。

「どうしたの?カバオくん?」

そこで、発したカバオくんの一言。


「もう、お腹が空いて、立ち上がれません。」

仲間たちの間で一瞬の間が空く。

そして、大爆笑。

「カバオは食いしん坊だなー」

バツが悪そうにカバオくん。

「えへへー。」


キャンディ姫が、カバオくんの前で、「今日から食パンマンは私の家来よ」と告白された時のカバオくんのリアクション。

「グルルルルル〜」と、お腹の音。

カバオくんは照れ臭そうに言います。

「お腹もびっくりしちゃいました」


そして一言。

「家来なんてやだなー」


です。

なんか笑っちゃいます。

そして、ホッとしちゃいます。


私の息子がカバオくんを見て笑う姿にもホッとしてしまいます。





令和、令和と騒いだけれど

平成から令和に変わり、マスコミは、新しい時代になったことを無条件に喜んでいたけれど、川崎市であった、大量殺人は、平成からの社会問題が引き続き変わっていないことを証明してしまった。

気分で全てが変わると思ったらいけない。

と俺は思う。

プロ野球選手名鑑あるある

私はプロ野球が好きだ。

そして。選手名鑑を毎年買うのが趣味となっている。

もう、かれこれ30年以上買い続けているだろうか?

今年の選手名鑑ももれなく、私は購入した。 

その中で、独身選手の女性のタイプが書いてあるんだけれども、私が引っかかる女性のタイプは、佐々木希北川景子、そして料理ができる女性というものだ。

いや、佐々希と北川景子は結婚してるからね。なに?不倫したいの?

そして、彼女たち、普段はそんなに綺麗にしてないときもあるからね。

寝るときの顔、ブサイクな顔してるときあるからね。

多分。知らないけど。多分。

幻想だよ。幻想。と、つい力がこもってしまう。

そして、料理ができる女性。

今はね、口開けて料理待ってたら、嫁がご飯作ってくれる時代じゃないよ。自分で作れば?

俺なんかなー。俺なんかなー!

とつい、握りこぶしを作って、夕日に涙で染まったヘロヘロストレートを投げ込んで、その場にくずおれてしまいそうになるのだ。


いいなー。プロ野球選手。






正しいうがいができたよ!

2歳のうちの息子は、うがいができなかった。

私が洗面所でコップに水を入れる。

息子が口に含む。

彼のイメージでは、口に含んだあとに、上を向いてガラガラー!ペッ!と正しいうがいをしたい。

けれども、ガラガラー!まではできるんだけれども、ペッ!の所でいつも水を飲んでしまう。。

ガラガラー!ぺッ!

あー飲んじゃった。

ガラガラー!ぺッ!

あー飲んじゃった。

ガラガラー!ぺッ!

あー、また、飲んじゃった。

こんなやり取りを、何ヶ月繰り返したろう。

「もうちょっとなんだけどなー。」

と2人であとちょっとを惜しんでいた。

しかし、転機はとつぜんやってくる。

先日、いつものように息子と洗面台に立ち、コップに水を入れて、口に含むと息子は、顔を上げて、ガラガラーペッ!と普通にできるようになっているではないか。

「やったねー!」

私は興奮気味に息子をたたえていた。

はにかんで笑う息子。

私は思う。うがいひとつでも、出来るようになると、こんなにも嬉しいもんなんだねー。

息子は、私が毎日当たり前と思ってやっていることも、実は当たり前じゃないんだと教えてくれる。

うがいをした後の彼のシャツはびしょびしょに濡れてしまっていたけど、それは彼の勲章だ。

よかったね!息子よ!










令和最初の。。

元号が代わり、スポーツ記事を見ていると、何かと令和最初のというフレーズが目につく。

令和最初のホームラン。

令和最初のサヨナラ打。

令和最初のゴール。

令和最初の勝利。

令和最初の、令和最初の。。

やたらと令和を強調するけど、私にだって令和最初のは、沢山ある。

令和最初の朝ごはん、令和最初の夕ご飯。令和最初の昼寝もあるし、令和最初の晩酌もあるよ。

あと、令和最初のおしっこもしたし、令和最初のウンチョスもしたよ。

令和最初の、と、もっともらしく言ってるけど、こっちの令和も最初づくし。





挨拶もできない

私が今、身を置いている会社の連中は、20代前半から30代前半が多い。


会社の組織は、社長も社員も皆、身内で固めていることもあり、かなり閉鎖的だ。

私はもちろん部外者。アルバイト。


それはいいんだけれども、一つ気になることがある。


社員で挨拶もろくに出来ない人が多いということだ。


朝、すれ違っても挨拶しない。

昼に行く時は、断りを入れるルールなのに、何も言わないで出て行く。

エレベーターを開けてあげてもお礼すら言わない。


基本的なことができないのだ。


アルバイトだろうが、働いているものは同じ立場のはずなのに。


そんな姿勢で、仕事の利益があげられるんだろうか?

大いに疑問だ。



閉塞感がハンパない

あと何日で平成も終わり、新しい元号令和になります。

と巷では騒いでいます。

でも、個人的には閉塞感しかありませんし、何にも変わらない気がします。

元号が変わっても、ただ地道に生きていくしかないです。